勃起しない悩み・原因はなに?


勃起しない原因は?

勃起しない原因って一体何があるのか?

一般的には、EDとか勃起障害、勃起不全なんて呼ばれ方をしますよね。

人によっては、勃っても早漏ですぐに射精する人もいらっしゃるでしょう。

性行為の時に立たなかったり、早漏だと女性からすれば役立たずと思われてしまいます。

これが原因で振られたなんて人もいるかもしれませんね。

EDの状態が長く続けば、それが原因で結婚できない可能性もあるでしょう。

そうなれば男性失格です。

ですので、勃起しない原因を突き止めて改善する必要があります。

EDが克服できれば自分にも自信が付きますし、女性を満足させることもできますからね!

そこで、ここでは・・・

勃起しない原因〜EDを克服する方法

これらについて徹底的に調べましたので、ぜひ参考にしてみてください。

※今すぐEDを克服したい人はコチラ!


勃起しない具体的な原因について!


勃起しない具体的な原因

勃起しない原因としては、大きく分けると2つあります。

心因的な問題と病気に分けることができます。
心因的な原因

病気が原因
もし、性行為の時に勃起しないなら、自分に当てはまるものがないか確認してみてください。


心因的な原因について!


勃起しない原因は心因的な要因が大きく関係しています。

具体的には・・・
・性的刺激が鈍る・老化する

・疲労や精力減退

・加齢や性欲がなくなる
などが挙げられます。


性的刺激が鈍る・老化する


性的刺激が鈍る

精神的な理由から勃起しずらくなることがわかっています。

何を見ても性的刺激が伝わらなかったりするケースがあるんですね。

また、老化に伴い性的興奮が弱くなっていくことは珍しくありません。


疲労や精力減退


疲労や精力減退

働き盛りの30〜50代では、疲労やストレスなど溜まりやすく精力減退を引き起こします。

忙しくなればなるほど、その傾向にあるので注意が必要になります。

疲れや衰えを感じたら体を休ませていたわることが大切です。


加齢により性欲が低下する


加齢

誰でも加齢により勃起しずらくなるものです。

50〜60代ともなれば、その硬さも次第に弱くなり性欲も低下します。

それでも、ストレス対策や悪い生活習慣を見直すことでEDを防ぐこともできるので諦めてはいけません。

一般的には50代を境に次第に性欲が低下すると言われていますが、これはその日の体質にもよります。

ちなみに体に異常がなければ80代でも勃起することは可能です。


病気が原因で勃起しない?


勃起しない原因がなんらかの病気によることもあります。

もし、病気がEDの原因であるなら、治療を行わなければいけません。

では、具体的にどんな病気が関係しているのか?

例えば・・・
・うつ病
・糖尿病(血糖値が高い)
・動脈硬化が進んでいる
・股関節が硬い
・副交感神経が優位にならない
・降圧剤などの薬の副作用
これらが挙げられます。


うつ病について!


うつ病

うつ病は、やる気がでなかったり憂鬱な気分になる病気です。

意欲が低下する他にも性的な関心もなくなるのが特徴になります。

この病気にかかると脳は性的な刺激を受けなくなり、脳から血流を増やす命令もでないので勃起することができません。

もし、うつ病にかかっているなら心療内科や精神科などで治療を受けるべきです。

必ず、医師の言われた通りに薬を服用するようにしてください。

すこし、根気がいりますがEDを克服するためにもしっかりと治療に励むようにしましょう。


糖尿病(血糖値が高い)


糖尿病

糖尿病患者はEDの発症率が2〜3倍高いというデータがあります。

なぜ糖尿病がいけないのか?

血糖値が高い状態が続くとどうなるか?

糖尿病で血糖値が高いと細小血管がダメージを受けてしまい、陰茎への血流が悪化します。

すると、陰茎や会陰に張り巡る神経などに障害が起きて、神経線維から脳への伝達が鈍ります。

その結果、男性の性的反応を引き起こすのが難しくなり、勃起しなくなるというわけです。

糖尿病は様々な合併症を引き起こし命に関わりますので、必ず、治療を受けなければいけません。


動脈硬化が進んでいる


動脈硬化

実は、動脈硬化とEDには大きな関係があります。

動脈硬化は、血管の内側にコレステロールなどが付着して血管が狭く硬くなった状態で血液の流れも悪くなります。

陰茎動脈は他の動脈に比べると細く動脈硬化が進んでいると言う事は、血液が陰茎の先まで届かないので、その結果、勃起しない原因になるのです。

動脈硬化は糖尿病や高血圧、高脂血症、肥満、喫煙などが原因で発症します。

ですので、健康を守ると言う意味でも生活習慣の見直しと治療が必要です。


股関節が硬い


股関節

勃起させるためには血流を良くさせる必要があります。

体が硬い人の場合は、血液の流れが悪いと健康全般に悪影響を与えます。

ペニス周辺の股関節が硬い場合も同じように血流が悪くなり、その結果勃起することが難しくなってしまいます。

ですので、EDを改善させるためにも股関節を柔らかくする必要があります。

股関節を柔らかくするには開脚のストレッチが効果的です。


副交感神経が優位にならない


自律神経

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経は活動時に優位になり、副交感神経はリラックスしている時に優位になります。

このバランスを保つことは健康に置いて重要ですが、勃起しないと言う事は、副交感神経が優位にならない証拠でもあります。

勃起するイコール交感神経が優位に働いていると思われがちですが、これはまったくの逆なんですね。

ただ、射精に至る時は、交感神経が優位になるのですが、その後は、ホッとした精神状態になりなり、また副交感神経が優位に働きます。

自律神経は、ストレスや生活習慣が大きく影響するので、副交感神経を優位にするためにも普段の生活を見直す必要があります。


降圧剤などの薬の副作用


薬

薬の副作用が原因でEDになることがあります。

例えば、血圧を下げるために服用する降圧剤です。

高血圧で降圧剤を飲み続けたら勃起しなくなった例は多くあります。

確かに血圧が高い状態が続くと血管を傷つけてしまい、脳梗塞や心筋梗塞など重度な病気を引き起こす可能性があるので、放置してはいけません。

降圧剤を飲んでいる人は、薬だけに頼るのではなく、運動や食生活を見直し血圧を行いましょう。

最終的には、生活習慣の改善で薬を止める事を目指してください。

そうすれば、EDも克服することができるでしょう。


生活習慣の見直しで体質改善する!


勃起しない原因は、悪い生活習慣にある場合がほとんどです。

乱れた生活習慣を続ければ、EDだけでなく、健康全般において悪い影響を及ぼすことは間違いありません。

ですので、生活習慣を見直して勃起させるためにも体質改善させる必要があります。

具体的には・・・

・食事・運動・睡眠

これらを見直すことが大切です。


食事について


食事に関しては、栄養バランスを整えること。そして、食べ過ぎに気をつける事がポイントです。

「ま・ご・わ・や・さ・し・い」という言葉をご存じですか?

これは・・・
ま=豆
ご=胡麻
わ=わかめ
や=野菜
さ=魚
し=椎茸
い=芋
これら食材を指すのですが、栄養不足にならないためにもこのような物をバランスよく食べることが大事です。


運動について


運動不足

次に生活習慣の改善するには運動を行うことも重要なポイントになります。

具体的な運動しては・・・
スクワット

ウォーキング
これら運動がお勧めです。

スクワットを行うことで下半身の血流が良くなり、筋肉強化に繋がります。

運動不足の方がいきなりスクワットを行うと膝や腰を痛める可能性があるので、始めは軽めに行い無理をしていはいけまえん。

スクワットに関しては次の動画が参考になるので、ぜひ実践してみてください。


【10分】世界一痩せるスクワット!

次に有酸素運動も効果的なのですが、代表するものではウォーキングやジョギング、自転車や水泳などがあります。

中でも手軽な方法としてウォーキングがお勧めです。

1日30分でいいので継続的にウォーキングを行いましょう。


睡眠について


睡眠不足

普段から睡眠不足という方も注意が必要です。

睡眠は、ホルモンバランスを整えるので、健康においても重要な役割があります。

理想は、7〜8時間の睡眠が良いされています。

睡眠時間が、3〜5時間と言う場合は、明らかに短いのでEDを克服させるためにも見直すようにしましょう。


サプリで対策する!


手軽な対策としては、サプリを飲む方法もあります。

ここではEDに効果的と言われるサプリの成分を紹介しましょう。


シトルリン


シトルリンと言えば、精力剤と言うイメージを持たれる方も多いと思います。

ペニスのサイズアップなどにシトルリンが効果的と言われています。

血流改善効果も見込めますので、勃起しないと悩まれている方は、サプリを摂取するのもいいと思います。


アルギニン


次にアルギニンという成分ですが、NO(一酸化窒素)により血管を拡張させる効果が期待できるので、シトルリン同様に血流改善効果が見込めます。

精力増強にもってこいのですので、EDで勃起しない方にも効果が期待できるでしょう。


亜鉛


亜鉛が不足するとEDになる可能性もあると言われています。

他にも、免疫力の低下や味覚障害、貧血やうつ病になりやすくなるので、亜鉛の不足には注意が必要です。

魚や肉に多く含まれる亜鉛ですが、効率よく摂取するにはサプリが効果的な方法と言えるでしょう。


EDの治療や改善方法について!


EDの治療

そもそもEDって、何科に言えばいいのか?

どんな治療があるのか?

いろいろ疑問ですよね。

治療に関していうと、ED専門クリニックなどの専門外来の他にも、泌尿器科や内科で診てもらうことができます。

治療に関しては、基本的に薬が処方されます。

(薬には、バイアグラ・レビトア・シアリスがある)

ただ、勃起不全の場合、なんとなく恥ずかしい思ってしまいますよね。

ですが、問診中心の診察でパンツを脱がさることもないので安心してください。

恥ずかしいかもしれませんが、具体的な症状を医師に伝えましょう。

薬の服用により、自信がついてすぐに治るケースもあると言いますので、気になる方は、かかりつけの病院で相談するといいでしょう。

その他にも、整体やツボでもEDを治療することは可能です。

いずれにせよ、自由診療になるのでそれなりに費用はかかると思ってください。


自力でEDを克服したい!


自力でEDを克服させる方法

EDって病院で診てもらうは恥ずかしいし・・・

できることなら自力で克服したい・・・。


そんなあなたへ!

実は、あるトレーニングを行うことで1人で勃起不全を改善させる方法があるんです。

プログラム通り進めるだけで、たった21日でEDが回復するとしたら興味ありませんか!

勃起しないと悩んでいるのであれば、一度確認してみてください。

21日で勃起させたい人はコチラ!









無料サイト登録型検索ディレクトリ - LinQoo Search